パイオニア2015
2/44

大阪大学基礎工学部長河原源太Genta KawaharaDepartment of Electronics and Materials PhysicsDepartment of Chemical Science and EngineeringDepartment of Systems ScienceDepartment of Information and Computer Sciences1996、97年度にかけては、大学院を中心とする組織に再編し、4学科に改組・統合しました。 近年、クリーンなエネルギーや知的情報を中心とする持続可能な社会への移行が望まれているとともに、科学技術に対する取り組み方が見直されています。たとえば、情報やエネルギーを効率よく蓄え、変換、伝達するためには、新しい材料、デバイス、システムに関する基礎科学とともに、個々の科学技術を有機的につなぎ合わせ、それらと自然や人間社会とのかかわりまでをも含めた総合的な科学技術を創り出す必要があります。基礎工学部の各学科、大学院の各専攻では、基礎科学から人間社会にかかわる学問を縦糸とし、それらに関連する学問分野を 自然、人間社会までも含めた 総合的な科学技術を創出 大阪大学基礎工学部は、1961年に国立大学の中で初めて設置された学部です。創設の理念は、「科学と技術の融合による科学技術の根本的な開発、それにより人類の真の文化を創造する学部」です。この理念に基づき、基礎科学に根ざした科学と技術の先端的領域を切り開く研究とともに、基礎科学の素養を身に付けた柔軟性と創造性を持つ活力あふれる科学技術者の育成に取り組んでいる、ユニークな学部です。 基礎工学部は創設以来、時代の要請に応じて、生物工学科、情報工学科などの先導的な新学科を創設してきました。大阪大学 基礎工学部

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です