パイオニア2015
31/44

292015Department of Systems ScienceBiophysical Engineering Course 研究内容 生物工学と名が付くところは、醸造工学や遺伝子工学を行っているところが多いようですが、このコースは、生物学、物理学、工学を融合したものです。分子生物学、物理学、高度な計測技術に基づいて、タンパク質の構造と機能、体や脳の発達と機能、感覚のメカニズムを解明する研究や、生物画像やデータの処理法・表示法の開発を行っています。生物物理学、構造生物学、脳科学といった純粋科学に加え、医用工学、画像工学、情報工学といった工学など、ハイブリッド的研究がなされています。大脳一次視覚野ニューロンの時空間受容野を右眼と左眼それぞれについて計測した結果http://www.bpe.es.osaka-u.ac.jp/大脳皮質の発達と神経細胞移動MRI脳画像とX線血管画像の融合 (データ提供 東京大学)感覚神経節の中の一つの神経細胞から発する軸索光学イメージング法による一次視覚野の構造の可視化前頭葉皮質の細胞の蛍光色素による標識

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です