パイオニア2015
42/44

大阪大学 基礎工学部40大阪大学 基礎工学部40理学と工学を融合し未来の技術を創造する物性物理化学工学機械科学生物工学電子光科学システム科学数理科学基礎工学研究科の専攻構成のコンセプト融合領域のテーマ従来の体制機能創成専攻ナノ光化学巨大分子強相関効果量子情報生体力学生体計測バイオイメージングロボティクス金融工学安心安全コミュニケーション支援メディアアート  物質創成専攻システム人間系専攻化学系専攻物理系専攻バイオエンジニアリングとメカニクスの融合により応用力学を基本とした教育研究を実施システム創成専攻システム的手法を核にハードウェアからアルゴリズムまでを一体化した教育研究を文理融合も視野に入れて実施物理と化学を融合し学際的アプローチで新物質の創製と物質循環にかかわる科学の教育研究を実施合成化学 基礎工学研究科では、科学する心と技術への強い関心を大切にし、あらゆる学問領域の創成をめざして先端的な研究を活発に行っています。ここから世界で最先端の研究が次々と生まれて、これらに直接触れながら、優れた研究者、技術者としての素養を身に付ける研究・教育がなされています。 基礎工学研究科は、2003年より物理と化学を融合した物質創成専攻、バイオエンジニアリングとメカニクスを融合させた機能創成専攻、文理融合も志向するシステム創成専攻の3専攻に組織を改め、従来の理工融合をさらに超え、人文社会学系や医学薬学系も視野に入れたより広い学際領域の創成をめざしています。 基礎工学部生の9割近くが大学院に進学しています。すべての専攻の各領域で推薦入学も行い、また他大学からも多くの学生が入学してきます。学部で学んだ専門と異なる領域へ進学できるように、入学試験では、入学希望領域以外の科目で受験することも可能です。基礎工学研究科Graduate School of Engineering Science大学院紹介

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です