2014基礎工学部要覧_和文
23/54

計算力学シミュレーションによる呼吸器系の診断・治療支援左:神経細胞の培養右:AFMを用いた細胞内部の分子の解析研究室にあるレーザー群バイオイメージング 21Department of Mechanical Science and Bioengineering機能創成専攻生体計測学講座生体光計測グループ■教 授:荒木 勉 ■准教授:橋本 守 ■助 教:福島修一郎 光の様々な性質を用いた生体計測に関する研究を行っています。主要研究テーマは、組織老化情報の光学的検出、生体分子の構造変化を観測するためのCARS顕微鏡、生体SHG光によるコラーゲン分子配列の検出、細胞の分子識別能力を利用した生物センサー、ヒト血管のバイオメカニクス、ティッシュエンジニアリングのための品質制御、テラヘルツ光を利用した非接触塗装膜厚計測などです。バイオイメージンググループ■教 授:大城 理 ■准教授:井村誠孝 ■助 教:浦西友樹、吉元俊輔 計測技術,ICT 技術を基盤技術として、生体工学における次世代テクノロジの創成を目的とした教育研究を行っています。生体のミクロからマクロな情報 (DNA、蛋白質、細胞、組織、臓器) の可覚化、CG / VR 技術を駆使した複空間の構築、物理法則に則った生体のシミュレーション、通信技術を利用した生体の情報共有に関する研究を行っています。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です