2014基礎工学部要覧_和文
29/54

腕脚統合型ロボット「アスタリスク」 アスタリスクは、 腕にも脚にも使える腕脚統合機能を持つ肢機構を大きな特徴としている。 この肢機構は、 腕による作業と脚による移動を状況に応じて使い分けることで効率的な動作を可能にする。 愛・地球博へ出展し、 格子状天井の歩行をはじめとした腕脚統合機能の特徴的な動作を紹介した。 ロボットに対する人間の安心感評価システム船舶の最適制御(写真提供:川崎重工業)人とかかわるロボット・アンドロイド自然言語処理によるあらすじ非表示ブラウザ27ヒューマンインタフェースグループ■教 授:西田正吾 ■准教授:土方嘉徳 ■助 教:酒田信親 人間とコンピュータの協調を目指す「ヒューマンインタフェース技術」に関する研究を進めています。具体的には、議論モデルに基づくヒューマンコミュニケーション支援、マルチメディアコンテンツの高度データ管理、Web・SNSにおける知的検索とパーソナライゼーション技術、携帯電話や各種センサーを応用したモバイルコンピューティング技術に関する研究を行っています。パターン計測グループ■教 授:佐藤宏介 ■准教授:岩井大輔■助 教:池田 聖 人間と空間の感受性を高めることを目指して、空間や環境が持つパターン情報を知的計測するシステムに関する研究を行なっています。三次元空間および人の行動・心理状態を計測する技術を、複合現実感、触覚インタフェース、実世界指向インタフェース、文化財デジタルアーカイブに応用しています。Department of Systems Innovationシステム創成専攻

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です