2014基礎工学部要覧_和文
44/54

42大学院教育資  料 大学院博士前期課程では、同一領域内で提供する「基盤専門科目」、同一専攻内で提供する「境界専門科目」、および他専攻が提供する科目および研究共通科目である「学際選択科目」の3つのカテゴリーに分類し、科目履修に際してはモデル履修コースを提示し、専門分野と学際分野の知識を系統的にバランスよく履修できるように指導しています。また、専攻横断型の科目として、学界や産業界の著名講師による「科学技術論」や英語による「Introduction to Engineering Science」を提供し、幅広い知識が習得できるようにしています。さらに、研究科を超えたより広い学際分野については、全学的組織が提供するコミュニケーションデザイン科目や複数の学際融合教育プログラムの履修を薦めています。学生は、これらの科目群の中から、指導教員による認定のもと希望の科目を選択し、所定の単位(基盤専門科目20単位以上を含む計30単位以上等)を修得します。  また、大学院生の実践能力や問題解決能力を涵養するため、平成17年度より企業への長期研究インターンシップを開始し、平成18年度から、実施内容の審査を行なった上で単位として認定しています。また、「英語特別コース」と連携して、学生の主体性や国際性を養う取組みも推進しています。課程博士(工学)課程博士(理学)論文博士(工学)論文博士(理学)物質創成専攻機能創成専攻システム創成専攻合計175123410041400000000平成24年度博士学位授与状況修了者進 学就 職その他平成24年度285382425平成24年度博士前期課程修了者の進路課  程種  別入学時期募集人数志願者数入学者数(うち女性数)(20)(3)(0)(0)(1)(2)(26)(2)(1)(0)(4)(7)博士前期課程博士後期課程一  般推  薦社会人特別選抜外国人特別選抜英語コース一般(社会人・外国人)英語コース4月4月4月4月10月計4月10月4月10月計267若干名若干名若干名151070若干名若干名若干名32330122636433448492502901242863344849平成25年度入学状況大学院カリキュラム科学技術と社会の関連,科学技術者倫理,研究開発能力の育成企業技術者センスの習得21世紀型基礎工学教育プログラム学際選択科目(履修を推奨する研究科内提供科目)(履修を推奨する専攻内提供科目)基盤専門科目(領域内提供科目)●外部著名講師招聘講義(科学技術論など)●企業研究インターンシップ●英語カリキュラム●未来研究ラボシステム(海外インターンシップ・研修など)●自主企画研修(学生コロキウムなど)専門知識の確立学際領域の系統的学習学生の自発性育成国際性の涵養英語能力の育成・一般入試(春期・秋期)・英語コース入試*(春期・秋期)・推薦入試(春期)・社会人入試(春期・秋期)異分野融合を目指す意欲的な進路選択を可能とする多様な大学院入学制度異分野融合を目指す意欲的な進路選択を可能とする多様な大学院入学制度物質創成専攻機能創成専攻システム創成専攻複合学際領域の協奏と国際化を目指し、全専攻一体としての取組み教育プログラム●全学学際プログラム(ナノサイエンス・ナノテクノロジー,MEIセンターなど)専攻組織学際センスの涵養*留学生が英語授業科目の履修のみ で修了できるコース境界専門科目学問別でない融合を目指す専攻区分、学際融合分野を創成する    の開拓・物性物理工学領域・機能物質化学領域・化学工学領域・未来物質領域(物理と化学の融合)・非線形力学領域・機能デザイン領域・生体工学領域(バイオエンジニアリングとメカニクスの融合)・電子光科学領域・システム科学領域・数理科学領域・社会システム数理領域(文理融合)教育目標・確固たる専門知識に基づき基礎から応用にわたる研究開発を推進でき る研究者・技術者・高い専門性と広い知識を持って学際新領域を開拓する科学者・研究者・自立した研究開発能力を有する国際的リーダー協奏領域

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です