産学連携

基礎工学研究科産学連携室

産学連携室の目的

基礎工学研究科では、教員の研究成果・知識を活用して産業の活性化をはかるために2003年4月より「産学連携室」を設け、産学連携を推進しております。主な活動としては、研究成果の特許化、研究成果・知識を利用した製品の実用化、技術相談、技術交流、共同研究開発の促進、共同研究によるプロジェクトの推進等です。これを具体的に実行するため、産業界で活躍された技術専門家をコーディネータとして招き、積極的な活動を行っています。これらを通して大学のポテンシャリティ活用による産業との連携を進め、社会貢献をはかることを目的としています。

産学連携室の活動

研究・技術相談

産学連携室は産業界からの要請に対する協力支援と基礎工学研究科に関わる研究の実用化を目的に、「研究・技術相談室」を開設しております。企業の方は技術相談等の種々のご相談に、教員の方は研究開発成果の実用化全般についてのご相談に、あるいは自由懇談に気軽にお立ち寄りください。

特許相談

研究成果の特許化や保有特許の有効活用など発明・特許に関する教員及び学生の皆様の相談を受付けております。この相談から特許出願に至った事例も多くあります。

産学交流会

産学交流会

本産学連携室の目的・活動をご理解いただき、産学連携をさらに発展させていくため、基礎工学研究科産学交流会を開催してまいりました。今後もこのような活動を通して企業の方々との交流をはかりたいと思います。

 

 

※相談ご希望の方は、E-mail (sangaku-sodan@es.osaka-u.ac.jp) またはFax (06-6850-6124) まで予め連絡をお願い致します。