物質創成専攻

  • ホームページへ

物性物理工学領域

画像1 画像2 画像3 画像4

本領域では物性物理工学が実験・理論の両面において世界の先端を行くレベルで深く掘り下げられています。先端デバイスに利用される材料物質の基礎研究とともに物理学の発展に大事な役割を果たす新規の物質や現象の研究がなされています。バルク・表面・分子・ナノスケール物質・メゾスコピック系などで、多くの物質におけるミクロな相互作用機構の解明が行われています。それには新しい理論的方法とモデル、放射光分光、超高圧などの先端的実験手法が用いられています。また、これらの結果は新しい人工物質の創製にも反映されます。この領域の特徴は、新物質の作製、実験装置・手法の開発から、未知の現象を解明し実験を先導する理論の構築まで、幅広い研究が行われるところにあり、それが新しい人材を育てる教育にも反映されています。

領域の概要

 【講座】【研究グループ】【キーワード】【教授/准教授】
 









       
電子相関物理   強相関系理論 トポロジカル絶縁体・超伝導体,強相関電子系の超伝導,量子磁性,量子臨界現象,スピン流等,新奇な量子物性の理論研究 藤本教授
強相関系分光 固体電子構造,(角度分解)光電子分光,フェルミ面,シンクロトロン放射光,先端的電子分光法開発 関山教授
強相関系量子物性 NMR分光を用いた強相関電子系の量子現象の解明,高温超伝導現象の機構解明,量子物質の機能解明 椋田准教授
ナノ量子物理 機能性物質科学 多彩な固体物性(磁性,強誘電性,構造物性など),多機能性物質の開発,巨大電気磁気応答 若林准教授
量子情報・量子光学 エンタングルメント,量子計算,量子通信,量子暗号,レーザー物理,量子エレクトロニクス 井元教授
ナノスピントロニクス ナノ物質,ナノスピントロニクス 鈴木(義)教授
量子物性科学
(協力講座)
半導体量子化学 半導体量子デバイス,量子電子物性,有機・バイオ半導体ナノ物性 松本教授
ナノ機能予測 第一原理計算,物性予測,物質設計,計算物理学 小口教授