物質創成専攻

  • ホームページへ

機能物質化学領域

画像1 画像2 画像3 画像4

新しい機能や優れた性質をもつ物質を創り出す機能物質化学は、化学産業のみならず、情報、エレクトロニクス、医療をはじめとするあらゆる産業分野の発展の物質的基盤を支え、環境問題、エネルギー資源の枯渇など21世紀の人類社会が直面する諸問題の解決を担う基幹的学術分野として、その役割は益々重要になっています。機能物質化学領域では、従来からの「合成化学」講座とともに、物性化学に加えて生体化学を視野に入れた「機能化学」講座を設置し、太陽エネルギー化学研究センターの協力講座とも連携しつつ、新規かつ特異な構造の分子系、分子組織系、表面・界面系の創製と、それによる新規物性・高次(インテリジェント)機能の開拓を目指しています。また、これらの研究成果を踏まえて、基礎を重視した教育を行い、化学を必要とする幅広い分野で活躍できる人材育成を行っています。

領域の概要

 【講座】【研究グループ】【キーワード】【教授】










合成化学 合成有機化学 環境調和型物質変換プロセス,金属錯体,有機分子触媒による酸素機能のシミュレーション,機能性有機金属分子 直田教授
有機物性化学 有機反応開発,反応機構解析,機能有機分子創成,構造物性評価,触媒反応,媒的不斉合成 新谷教授
合成超分子化学  
機能化学 表面・界面機能化学 触媒反応機構,電極界面化学,分子間電子移動反応,イオン液体界面化学,機能性単一分子探針 福井教授
生体機能化学 核酸化学,オリゴヌクレオチド,損傷DNA,DNA修復,生体分子認識,蛋白質―核酸相互作用 岩井教授
太陽エネルギー化学
(協力講座)
太陽エネルギー変換 光/電気/化学エネルギー変換,光機能材料,光合成,光電極触媒材料,二次電池 中西教授