物質創成専攻

  • ホームページへ

化学工学領域

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5 画像6 画像7 画像8 画像9

化学工学領域では、「物質の合成・分離」および「エネルギーの変換・貯蔵」に関わる化学プロセスの現象解明に関する研究や、物質・エネルギーの変換を高効率で行う機能性物質の設計・開発に関する基礎研究を行っています。さらにはこれらの基礎研究を発展させた新規生産プロセスの開発や地球レベルでのエネルギー・環境問題の解決を目指した応用研究も行っています。研究の遂行にあたっては、化学、生化学、物理、数学ならびにナノ・テクノロジー、バイオ・テクノロジー、コンピュータ・サイエンス、量子科学に関する最新情報も取り入れ、さらに得られた研究成果を体系的に統合して、循環型持続性社会を構築するための知識・方法論へと展開しています。博士課程教育リーディングプログラム「インタラクティブ物質科学・カデットプログラム」の中核として、太陽エネルギー研究センターとも密接に連携し、次代を担う研究者やケミカルエンジニアを育成するための高度な研究・教育活動を精力的に行っています。

領域の概要

 【講座】【研究グループ】【キーワード】【教授】






反応化学工学 ナノ反応工学 ナノ空間材料,無機分離膜,多孔質触媒,反応工学,乾燥地緑化,バイオマス,自己組織化,液晶 西山教授
量子化学工学 量子ダイナミクス,量子非線形光学,物性量子化学,量子機能材料,スピン分極ダイナミクス,散逸量子ダイナミクス,先端量子化学及び分子動力学手法,生体内分子の理論化学 中野教授
触媒設計学 グリーンケミストリー,環境調和型触媒,精密触媒設計,協奏機能触媒,ナノテクノロジー 實川教授
環境・エネルギーシステム 分子集合系化学工学 分子集合系,自由エネルギー,物質分配,液体,ミセル,脂質膜,溶液統計力学理論,分子シミュレーション 松林教授
移動現象制御 熱・物質移動制御,異相接触界面,相変化を伴う移動現象,数値シミュレーション 岡野教授
生物プロセス工学 生物発想化学工学 Bio-Inspired化学工学,自己組織系の物理化学,リポソーム基礎工学,生体系に学ぶ分子認識,人工酵素,人工臓器,生物分離工学 馬越教授
生物反応工学 バイオプロセス,バイオリアクター,組織再生工学,再生医療,生物環境保全 田谷教授
生物材料設計 バイオメディカル,バイオマテリアル,組織工学,ハイドロゲル,ソフトマター,生物化学工学 境教授
太陽エネルギー化学
(協力講座)
環境光工学 光触媒,光機能材料,環境保全技術,高選択的有機合成反応,クリーンエネルギー,ナノ粒子テクノロジー 平井教授