物質創成専攻

  • ホームページへ

未来物質領域

画像1 画像2

21世紀の基盤科学技術創造のためには、物理と化学の学際領域を融合した未来物質の創製と物性探索研究が不可欠です。特にナノマテリアルの世界はまさに物理と化学の学際領域と言えます。本領域では、優れた理論的・実験的枠組みをもつ物性物理学と分子化学の基礎に立脚して、物質中で電子と光が織りなす多様な物性の解明と新現象探索、新物質創製を行いながら、物質科学とその応用のフロンティアーを切り開くことのできる幅広い視野を持った研究者、技術者を育成する教育研究活動を行っています。

領域の概要

 【講座】【研究グループ】【キーワード】【教授/准教授】






新物質創製 分子エレクトロニクス 有機半導体,有機トランジスター,分子素子,表面科学 夛田教授
有機金属化学 有機遷移金属錯体触媒,金属クラスター化合物,光学活性錯体,不斉触媒反応,均一系触媒反応 真島教授
理論物質科学 第一原理計算による磁性半導体,有機物質などの物性予測,計算機ナノマテリアルデザイン(極限環境で示す新物質相と機能を理論予測,第一原理計算の高精度化や新しい量子シミュレーション法の開発) 草部准教授
ナノ光物性理論 光とナノ物質の相互作用理論,光マニピュレーション,閉じ込め電子系の光学応答,ナノ物質の非線形光学応答,超蛍光 石原教授
微小物質ダイナミクス
(大学院専任)
微小物質コヒーレンス 光物性,半導体ナノ構造,量子サイズ効果,光マニピュレーション,強相関電子系,非線形レーザー分光,超高速時間分解分光,テラヘルツ分光 芦田教授
構造揺らぎダイナミクス 光化学,光機能分子,3次元3パルスフォトンコー,時間分解顕微分光,単一分子計測,生体分子揺らぎ 宮坂教授
極限量子科学
(協力講座)
複合極限物性 超高圧条件下での物性測定,高圧下結晶構造解析,圧力誘起量子相転移 清水教授
量子物性科学
(協力の講座)
半導体量子科学 人工格子・ヘテロ接合・超微細加工、ナノマテリアル・デバイス、機能性酸化物エレクトロニクス 田中教授