機能創成専攻

  • ホームページへ

非線形力学領域

非線形力学領域は、機械などの人工物や自然界で生じる色々な力学的な現象や問題から、従来の「線形力学」の枠組みを越えた新しい「非線形力学」を構築するとともに、得られた知見をもとにこれまで存在しない機械や機能を生み出すことを研究・教育の理念に掲げています。非線形力学は線形力学の枠組みを越えて現実をより忠実に捉えようとするものに他なりません。研究の具体例としては、乱流などに見られるカオスや非線形波動におけるソリトン、ミクロからナノに及ぶメゾスケールの力学、固体変形の局在化、き裂、破断などの現実に直結した問題が挙げられます。領域は熱流体力学講座と材料構造工学講座からなり、エネルギーや環境問題、新しい機能をもつ材料の開発や大事故を防ぐ安全・保全問題にも取り組んでいます。

 

領域の概要

 【講座】【研究グループ】【キーワード】【教授】








熱流体力学 熱工学 乱流の解明と制御,流れの不安定性と乱流遷移,乱流輸送現象,伝熱促進,熱対流の不安定性とカオス 河原教授
流体力学 流体力学に現れる非線形現象,流れにおける輸送や混合,複雑流体の流動,高レイノルズ数流れ,表面および界面現象,非線形波動および振動現象 後藤教授
材料構造工学 材料・構造強度学 材料・構造の衝撃変形強度,植物の構造・材料のバイオミメティクス,金属材料の水素脆性と環境強度,水素機能性材料の力学物性評価,岩石の変形・破壊挙動と電磁波の発生 小林教授
固体力学 非接触超音波計測,先進機能材料の特性評価,電磁超音波センシング,バイオセンサ,共振超音波顕微鏡,ピコ秒レーザー超音波,非破壊検査,コロイド材料科学