機能創成専攻

  • ホームページへ

生体工学領域

画像1 画像2

生体の持つ巧妙かつ精緻な機能を発現する構造と機構を、さまざまなスケールで解析、理解するとともに、得られた知見を医学・工学などへ展開し、実用化をはかることを目指しています。そのために、生体素材・組織の構造解析、生体機能発現の原理・メカニズムの解析、生体機械の基本単位の機能・構造相関、バイオメカニクスによる生体機能解析と生体システムのモデル化、生体の運動機能の統合的理解、生体計測・医用情報、人工臓器やティッシュエンジニアリングによる組織再生技術の開発、生体を規範とする最適設計手法の開発などに関する教育と研究を行っています。

領域の概要

 【講座】【研究グループ】【キーワード】【教授】






生体機械科学 バイオメカニクス 計算バイオメカニクス,実験バイオメカニクス,生体組織・細胞力学,マイクロ・ナノバイオメカニクス,バイオレオロジー,生体物質輸送,医療工学 和田教授
生体機械システム 生体システムモデリング,計算生体力学,リハビリテーション工学,循環バイオメカニクス,アダプティブストラクチャ,最適構造設計,スマートデザイン工学 田中教授
人間機械情報学
(客員)
人間モデル,生活行動解析,生活見守り技術、生理信号解析,ストレス計測 松岡招へい教授
生物工学 バイオダイナミクス 動的恒常性,心臓不整脈制御システムの開発,フィジオーム,in Silicoヒューマン,ヒト運動制御,生体リズムとゆらぎ,システム生物学,非線形力学系理論の生物現象への応用 野村教授
生体物理データ科学

生体統計物理学,非線形時系列解析の生体信号への応用,医療生体ビッグデータ解析,健康支援サイバーフィジカルシステムの開発

清野教授
生体計測学
(大学院専任)
分子生体計測 分子生体医工学,細胞・タンパク質複合体の力学特性,薬工学,力学的適応現象,生体医用光学,光応用ナノスケール計測,非線形バイオフォトニクス  出口教授
バイオイメージング 生体計測,CG,VR,通信,可視化,情報共有,インタラクション,力覚提示,医用画像, 物理ベースシミュレーション 大城教授