システム創成専攻

  • ホームページへ

電子光科学領域

画像1画像2

ダイナミックに進展しつつある私たちの社会を支えるものは、高品位で安定な情報およびエネルギーのネットワーク構築であると言えます。本領域ではハード面での基盤となるべき電子および光デバイスを巡って、新構造、新現象、新機能の発掘、創製とその物理の解明にはじまり、さまざまな新機能材料の創造から、プロセス技術、デバイス設計・開発にわたる広範囲の先端的な研究を推進しています。さらに、デバイス開発に終わることなく、ヒューマンインターフェースを念頭においたそれらのシステム化に関する研究へと発展させています。これらの研究活動を通した教育によって、いわゆる「科学と技術の融合」に留まることなく、より重要なヒューマン的要素を重視した次世代の科学文明を担える研究者・技術者の養成を行っています。

領域の概要

 【講座】【研究グループ】【キーワード】【教授】









固体電子工学 ナノエレクトロニクス 窒化物半導体,IV族半導体,メモリスタ材料,放射光X線回折,電子顕微鏡,走査プローブ顕微鏡,量子ビームナノ加工, 第一原理計算

酒井教授

ナノ構造・物性制御 IV族半導体,透明酸化物、分子線エピタキシー、ナノ構造物理、低次元構造・超格子、熱電変換、フォノンエンジニアリング 中村教授
ナノ物性デバイス 半導体スピントロニクス,低温分子線エピタキシー,金属/半導体界面物性,半導体/絶縁体界面制御,フレキシブルエレクトロニクス 浜屋教授
量子機能
エレクトロニクス
量子デバイスシステム 磁気共鳴センシング, 超伝導量子干渉素子(SQUID), 不正薬物・爆発物探知  
量子情報デバイス 量子コンピュータ,量子情報,核磁気共鳴,電子スピン共鳴 北川教授
光エレクトロニクス 光波マイクロ波 メタマテリアル,マイクロ波フォトニクス,高速光変調,光集積回路,光計測,光散乱,平面アンテナ,適応アンテナ 真田教授
情報フォトニクス ミリ波・テラヘルツ波フォトニクス,ナノ構造フォトニクス,メタマテリアル,超高速エレクトロニクス,光計測,通信システム 永妻教授
量子エレクトロニクス レーザー冷却,量子情報,量子光学,イオントラップ,高安定レーザー,周波数標準,量子気体,超流動,凝縮系物理,極低温化学反応 向山教授
附属極限科学センター
(協力講座)
先端エレクトロニクス アトムテクノロジー, 走査型プローブ顕微鏡, 半導体ナノプロセス,ビームプロセス,真空ナノエレクトロニクス, ナノメートル分析評価 阿部教授