システム創成専攻

  • ホームページへ

数理科学領域

数理科学とは、自然、社会、工学、生命等の分野で現実に観測される現象に対して数理モデルや統計モデルを構成し、それを元に現象を解析、さらにモデル検証により、より良いモデルの構成を行い、現実に接近しよう、という科学です。現象の解析には、数値解析、コンピュータ・グラフィクス、計算アルゴリズムなどの高度なコンピュータ活用が必要不可欠です。数理科学領域では、特に、微分方程式、数理物理学、統計解析、データ解析に力を入れて研究・教育を行っています。数理科学領域は大きく応用数学および統計科学の2つのグループから成り、それぞれはまた2つの小グループに分かれて研究教育を行っています。

 

領域の概要

 【講座】【研究グループ】【キーワード】【教授】






数理モデル 微分方程式 非線形偏微分方程式, 流体と気体の数学解析, 非線形波動現象の数学解析 小林(孝)教授
応用解析 現象の数理モデル, 非線型解析, 変分解析, 無限次元力学系, 爆発解析, 数理物理, 臨界現象 石渡教授
統計数理 統計解析 機械学習,情報理論,ベイズ統計,モデル選択 鈴木(讓)教授
データ科学 多変量解析,構造方程式モデリング,統計的因果推論,グラフィカルモデリング,拡散過程の統計的推論 狩野教授