大学院基礎工学研究科アドミッションポリシー

大学院基礎工学研究科のアドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)として、以下のことを掲げています。 

 

【大阪大学アドミッションポリシー】大阪大学は、教育目標に定める人材を育成するため、学部又は大学院(修士)の教育課程等における学修を通して、確かな基礎学力、専門分野における十分な知識及び主体的に学ぶ態度を身につけ、自ら課題を発見し探求しようとする意欲に溢れる人を受け入れます。

このような学生を適正に選抜するために、研究科・専攻等の募集単位ごとに、多様な選抜方法を実施します。

 

基礎工学研究科アドミッションポリシー大阪大学のアドミッション・ポリシーのもとに、基礎工学研究科の博士課程では、研究科の理念に共感する次のような学生を求めています。

・ 基礎力に裏打ちされた専門性とともに新しい分野を切り拓く意欲を持っている人

・ 自分の考えを説明でき、さまざまな人たちと建設的に対話する情熱を持っている人

・ 異分野との交流や国際的な交流を積極的に推し進めようとする意欲を持っている人

また、上記資質を有する優秀な人材を国内外から多様な方法により選抜することを入試の基本方針に定めています。このために、一般選抜試験に加えて、推薦入試や社会人入試などの多様な選抜試験を実施するほか、留学生向けには、英語特別プログラム選抜および特別選抜制度を設けています。

 

【学位プログラムごとのアドミッションポリシー】(pdf)