What's New

2016/3/24

2016-3-24 プレスリリースのお知らせ「大坂城大手口枡形の2つの巨石はもともと一つの石だった!」(佐藤教授)

 大阪大学大学院基礎工学研究科の佐藤宏介教授と修士課程2年の森多花梨、公益財団法人かながわ考古財団の三甁裕司氏らの研究グループは、矢穴の三次元的な並び方を手がかりにラフな位置合わせを行い、面全体の凹凸を詳細に擦り合わせていく自動接合法を開発し、大坂(阪)城大手口の枡形に使われている巨石を写真測量し、バーチャル空間の中で二つの巨石を精密に嵌め合わせることに成功しました。これにより、大手見付石と大手二番石がもともと一つの石であり、矢穴を利用して2分割されたものであることを立体的に証明しました。  また、はつり加工した箇所や近年剥落した箇所の判明にも成功しました。
 城などの史跡の石垣に嵌められている石材の多くには矢穴跡が残っています。今回開発した自動接合法により、石割のペアをコンピュータが次々と自動発見していく、考古学向け人工知能への発展が期待され、石垣の築造方法や採石地との関係の解明が期待できます。

本研究の成果は、3月26日から九州国立博物館で開催される日本情報考古学会第36回大会にて発表されるよていです。


リリース原稿全文