What's New

2016/04/20

2016-04-20 プレスリリースのお知らせ「医薬品をより安価に提供可能へ」(真島教授)

 大阪大学大学院基礎工学研究科の真島和志教授らのグループは、医薬品や機能性材料などの重要な基本骨格である光学活性な有機化合物 の合成を達成しました。この反応は、クリーンな資源である水素が炭素—炭素二重結合に付加して不斉炭素を形成する反応であり(不斉水素化反応)、廃棄物の副生を伴わないアトムエコノミーな反応として注目されています。
 本研究では新たな触媒を開発し、この触媒を用いることで従来では制御が困難とされてきた化合物の不斉水素化反応を達成しました。この研究成果により、従来では合成できなかった医薬品などへの化学的手法による応用が可能となり、工業的な医薬品合成手法を一変させるだけでなく、液晶をはじめとする機能性材料への応用も期待されます。
 なお、本研究成果は、Wiley-VCH 社が発行する学術論文雑誌のAngewandte Chemie, International Edition の速報版としてジャーナルHPに発表(2016 年4月19 日に公開)されました。


ResOU「医薬品をより安価に提供可能へ 」


リリース原稿「医薬品をより安価に提供可能へ-超効率的に医薬品を合成する方法を確立-」