What's New

2016/08/09

2016-08-09 プレスリリースのお知らせ「新触媒を用いてメタセシス反応の70℃での発生に成功」(真島教授)

基礎工学研究科の真島和志教授、劒隼人准教授らの研究グループは、スイス連邦工科大学のChristophe Copéret教授の研究グループとパウル・シェラー研究所のOlga Safonova博士との共同研究において、シリカ表面に酸化タングステンを担持した固体触媒を身近な元素の一つであるケイ素化合物により還元することで、超高活性なオレフィンメタセシス触媒を発生させることに成功しました。従来、工業プロセスで用いられている固体触媒を用いた手法では400℃以上の高温条件が必要不可欠でしたが、今回開発した手法では70℃という非常に温和な条件で効率よくメタセシス反応を進行させることが可能です。今後、本手法を応用することにより、工業プロセスにおけるエネルギー効率の改善だけでなく、温和な反応条件を活かして生理活性物質や機能性高分子などの機能性有機分子の革新的合成への展開が期待できます。

なお、本研究成果は、ACS社が発行する学術論文雑誌ACS Central Scienceの速報版としてジャーナルHPに2016年8月4日に公開されました。

リリース内容の詳細は下記ResOUをご覧ください。


ResOU「新触媒を用いてメタセシス反応の70℃での発生に成功」