What's New

2016/09/20

2016-09-20 プレスリリースのお知らせ「白金使用量を約80%削減した燃料電池の電極を開発 」(神谷助教、中西教授)

大阪大学太陽エネルギー化学研究センター(基礎工学研究科兼任)の神谷和秀助教・中西周次教授らは、東京大学、国立研究開発法人物質・材料研究機構、パナソニック株式会社と共同で、白金が単原子状態で分散担持された共有結合性トリアジン構造体(Pt-CTF)が優れた水素酸化触媒として機能することを見出し、これを元に、固体高分子型燃料電池の燃料極を開発しました。

固体高分子型燃料電池は、家庭用定置型や自動車などで実用化が進んでいますが、水素酸化反応を実用的な速度と効率で進行させる触媒材料は、希少で高価な白金に限られており、その使用量の低減は喫緊の課題でした。

この新規に開発した燃料極においては、白金ナノ粒子触媒が担持された従来の燃料極と比較して、約80%の白金使用量の低減が実現されました。

この成果は、次世代の発電システムとして注目を集めている固体高分子型燃料電池の普及促進へと繋がることが期待されます。

本研究成果は、ドイツ化学会誌「Angewandte Chemie」に、9月16日(金)(ドイツ時間)にオンライン公開されました。また同誌のHotpaper(編集委員が特に重要性を認めた論文)にも選出されました。

リリース内容の詳細は下記ResOUをご覧ください。


白金使用量を約80%削減した燃料電池の電極を開発