What's New

2016/9/28

2016-9-28 プレスリリースのお知らせ「スピン流を用いた近藤効果の直接検出・制御に成功 」(浜屋教授)

大阪大学大学院基礎工学研究科の浜屋宏平教授、東京工業大学科学技術創成研究院の谷山智康准教授らの研究グループは、高性能なスピントロニクス材料を用いた微小スピン素子 において、希薄磁性合金(近藤合金)における近藤効果をスピン流の伝導を介して世界で初めて検出することに成功しました。

これまで、希薄磁性合金における近藤効果は、電流を印加して電気抵抗を精密に測定することで検出・解析されてきましたが、電流を伴わないスピン流と近藤効果の関係の詳細は解明されていませんでした。

今回の研究では、磁性不純物スピンと伝導電子スピンの相互作用をスピン流伝導の結果として直接観測したばかりでなく、近藤合金へのスピン流の注入量を変化させることで、近藤効果の強弱を制御できることを発見しました。

これは、50年の歴史がある近藤効果に関する研究に対して、スピン流を用いた新しい検出・制御手法を提案するものであり、スピン流を用いた物性物理の解明に大きく寄与するものと期待されます。

本研究成果は、米国科学誌「Physical Review B (Rapid Communications)」(オンライン)に近日中に公開されます。

リリース内容の詳細は下記ResOUに掲載されています。


スピン流を用いた近藤効果の直接検出・制御に成功