What's New

2016/11/03

2016-11-03 プレスリリースのお知らせ「熱伝導にも共振に似た現象がある事を発見! 」(荻准教授、石田助教)

大阪大学大学院基礎工学研究科の荻博次准教授、石田秀士助教らの研究グループは、固体の熱拡散の固有モード (以下、「熱モード」と呼びます)を観測することに世界で初めて成功しました。

音の共振現象(音響モード)に「腹」や「節」が存在することは良く知られていますが、熱伝導にもこのような「モード」が多数に存在することが分かりました。

熱モードを利用すると、これまで計測が極めて困難であった微小物質の熱伝導率を計測することができます。これは新たなヒートシンク材料の開発に貢献します。また、熱モードを利用すれば、固体の加熱・冷却・熱交換の効率を上げることが可能になります。

本研究成果は、11月3日(木)(米国時間)に米国物理学会の専門誌「Physical Review Letters」オンライン版で公開されました。

リリース内容の詳細は下記ResOUに掲載されています。


ResOU「熱伝導にも共振に似た現象がある事を発見! 」