教員公募情報


機能創成専攻 生体工学領域 助教公募

2015/05/20

大阪大学大学院基礎工学研究科・

機能創成専攻・生体工学領域・生物工学講座教員(助教)

 

1. 公募の職種および人員:助教 1 名

2. 所属:大学院基礎工学研究科 機能創成専攻 生体工学領域 生物工学講座

3. 専門分野:ヒト・生物の特性に基づくヒューマンインターフェースの研究に参加される方。

  当研究室では、ヒトの視覚認識に関わる光学的認識技術、機械学習による対象物のカテゴリー化・選択技術、

  人間と機械の認識共有などの要素技術と、それらを応用した生活支援ロボットの制御を研究しています。

4. 担当科目

  生物工学に関する演習および学生実験科目 [これらの科目は基礎工学部 システム科学科

 生物工学コースにおいて担当]

5. 資格:

  博士の学位を有し、学部生、大学院博士前期および後期課程の教育研究指導を担当できること。

  上記専門分野に研究業績があり、着任後、システムバイオテクノロジーおよびバイオロボティックスに

  関連する分野における研究・教育を推進する意欲を持つ方。

6. 着任時期:2015 年 8月1日以降の早い時期

7. 勤務形態:常勤

8. 給与

  国立大学法人大阪大学年俸制教職員給与規程による。

  ただし、前職の在職期間が本学の退職手当算定上の勤続期間に通算可能な場合は相談に応じる。

9. 勤務時間等

  国立大学法人大阪大学教職員の労働時間、休日及び休暇等に関する規程による。

    ※ 専門業務型裁量労働制適用

10.社会保険等

  国家公務員共済組合、雇用保険、労働者災害補償保険に加入

11.提出書類

(1) 履歴書 (写真貼付、現住所、連絡先 (TEL、 FAX、 E-mail)、学歴、職歴、賞罰等)

(2) 業績目録 (原著学術論文、国際会議論文(査読付)、同(査読無)、総説・解説、著書等に分類し、

   全著者名、発表誌、年、巻、頁等を記載すること)

(3) 主要原著学術論文の別刷 (論文誌発表の論文5編、コピー可)

(4) 現在までの主要な研究内容と成果 (A4 用紙2 枚程度、業績目録と対応させて記述)

(5) 受賞名とその内容

(6) 特許等とその内容

(7) 所属学会および社会における活動状況

(8) これまでに採択された主な研究補助金(学振特別研究員研究費補助金など)の代表者としての取得状況

   (補助金等の名称と課題名)

(9) 今後の研究計画および教育に関する抱負(A4 用紙2 枚程度)

(10)応募者に関して意見を伺える方2名の氏名と連絡先 (海外の方も可)

12. 応募締切:2015 年7月1日(水) 必着

13. 選考方法:書類審査による一次選考の後、必要に応じて面接やセミナーによる二次選考を行います。

14. 書類送付先及び問合せ先

  応募書類は、封筒に「細胞システム工学グループ 教員応募書類 在中」と朱書し、簡易書留等にて下記宛先まで送付下さい。

  なお、応募書類は選考終了後、返却致しません。

〒560-8531 豊中市待兼山町1-3

大阪大学 大学院基礎工学研究科 機能創成専攻 生体工学領域 教授 三宅 淳

TEL:06-6850-6515、 Email:jun_miyake@bpe.es.osaka-u.ac.jp

15. その他

・ 締切後2ヶ月以内に採否をご連絡します。機能創成専攻、生体工学領域およびシステム科学科生物工学コースの詳細に関しては、

  以下のホームページをご参照下さい。

機能創成専攻

http://www.me.es.osaka-u.ac.jp/msb/

生体工学領域

http://www.me.es.osaka-u.ac.jp/msb/organization/bioengineering/

システム科学科生物工学コース

http://www.bpe.es.osaka-u.ac.jp

 ・  ここに示した事項については、場合によっては変更となる可能性がありますので、ご留意願います。