日韓プログラム留学推進フェア

日韓プログラム留学推進フェアが2017年9月3日(日)に行われました.会場の大韓民国国立国際教育院は昨年度より,華やかな城南市,盆唐区のビルに移りました.大阪大学からは教員四名,事務職員一名が参加し,通訳のため生命機能研究科の大学院生に協力をお願いしました.当日朝から日韓プログラム選抜試験合格者を対象に全体説明会が行われ,午後から各大学ブースに分かれて個別説明会に移ります.学生と保護者からの質問は,家賃など生活周りのことから,基礎工と工学部の違いなど研究に関する質問など多岐にわたります.個別説明会には韓国で働いている阪大の日韓プログラム卒業生の方も応援に駆けつけてくれました.

フェアが終了し,学生の希望する大学が決定すると,選抜試験成績や面接の結果などを勘案して,各大学への最終的な合格者が決定します.合格が確定すると韓国と日本それぞれで半年間の予備教育を終えて,2019年4月に受け入れ大学に入学するというのが基本的な流れです.