研究科長挨拶/ Dean’s Message

基礎工学とは?

基礎工学研究科長・基礎工学部長 河原 源太

基礎工学研究科長・基礎工学部長の河原です.基礎工学部あるいは基礎工学研究科に在学しておられる留学生の皆さんにおかれましては,大学周辺地域の方々,留学生相談室の尾方成信先生,鎌谷研吾先生,大平裕子さん,そして本学の教職員や学生との学術,文化,生活など様々な面での交流を通して,多くのことを学んでおられることと思います.皆さんが今後も益々充実した留学生生活を送られることを心よりお祈りしています.
皆さんは,基礎工学(engineering science)とはどのようなものだと考えておられるでしょうか?もし自分なりの考えを持っておられないようでしたら,母国に帰られるなど,新たな進路を歩まれるときまでには,是非自分自身の基礎工学をしっかりとイメージできるようになって下さい.
皆さんよくご存知のように,日本国内を見渡しても基礎工学という語を冠する学部,大学院を持つ国立大学法人は大阪大学に限られますし,海外においてもengineering scienceに関連する学部,大学院,コース,プログラムを持つ教育研究機関はそれほど多くはありません.したがって,このように希少な学部,大学院で教育を受け,あるいは研究に取り組む皆さんは,大学あるいは大学院を出られた後,少なくとも一度は基礎工学とは何かと尋ねられることでしょう.そんな折には自身の思いや理念を熱く語っていただきたいと思います.
我々教員も,本学部,本研究科外において基礎工学とはどのようなものか,工学や理学との違いは何か,といった質問を受けることがよくあります.その都度我々なりの考えや思いを説明するのですが,未だ基礎工学の概念は一般社会に十分定着するには至っておらず,その普及の難しさを痛感しています.このような状況の中,基礎工学の草の根への普及の一番の担い手は,基礎工学に関わる教育を受け,あるいは研究に携わった学生諸君だと思います.特に,engineering scienceの国際的な普及は,留学生の皆さんの国際的な交流や帰国後の活躍によってなされるものと大いに期待しています.
基礎工学部,基礎工学研究科では,海外の教育研究機関との学術的,人的交流を通して,基礎工学の国際的な普及を図ることが本部局の役割のひとつであると捉えています.今後,留学生の皆さんとも連携し,基礎工学の国際的な幅広い普及に取り組んでいきたいと考えています.ご協力の程どうぞよろしくお願い致します.