• 最新研究情報
  • RSS
  • 一覧を見る

更新日:2014.11.01

低消費電力で動作する有機半導体電解効果トランジスタ

~固体と液体が接する界面の局所構造から探る機能~

教授 福井 賢一,准教授 今西 哲士,助教 橫田 泰之

 

 有機物の結晶に電圧をかけても電流は流れませんが,電子の欠損(ホール)を電流の運び手(キャリア)として導入すると導電性が生まれます。ホール導入量を制御してトランジスタ動作させるのが有機電解効果トランジスタ(OFET)です。通常は,SiO2などの誘電体固体を挟んだゲート電極に正の電圧をかけることでコンデンサのように電極付近に電荷をたまり,それに誘導されて半導体内にホールが導入されることで,OffからOnに切り替わり電流が流れます。この誘電体固体の代わりにイオン液体という特殊な液体を使うと,従来の1...

続きを見る