• 最新研究情報
  • RSS
  • 一覧を見る

更新日:2015.05.01

LSI廃熱利用を見据えた環境調和型熱電変換材料の開発

教授 中村芳明

 

多くの場合、エネルギー使用効率は廃熱のために低下します。この無駄な廃熱を電気エネルギーとして再利用可能にする熱電変換材料は、理想的なエネルギー源になり得ます。その高性能化には、ゼーベック係数(単位温度差あたりの熱起電圧)と電気伝導率は高く、熱伝導率は低い、という材料を開発する必要があります。しかし、この三つの物理量は相関があるために性能向上が困難となっています。現在の高性能熱電材料には、低熱伝導率を可能とするレアマテリアルが使用されていますが、その使用は、価格や環境調和性の観点から熱電変換材料の...

続きを見る