• 最新研究情報
  • RSS
  • 一覧を見る

更新日:2016.12.01

0.1mm以下の微小な欠陥を検出する非接触電磁超音波センサ

教授・平尾雅彦、准教授・荻博次、助教・中村暢伴

 

 原子力発電所や化学プラントでは耐腐食性に優れていることからステンレス鋼が配管などで使われています。ところが、長期にわたって運用していると配管内面の溶接部近傍に応力腐食割れと呼ばれる割れが発生することがあります。このような割れは配管の破断等の深刻な事故につながる恐れがあるため、微小な割れをできるだけ早期に発見する技術が必要になります。   割れの検査にはしばしば超音波が使われます。配管の外側から内側に向けて超音波を入射すると、内面の割れで超音波が散乱・反射されるので、反射・散乱した超...

続きを見る